ルイージ・アクイリーノ / Luigi Aquilino

1969年 イタリア クレモナ生まれ。
ワンナ・ザンベリ(Wanna Zambelli)氏の指導のもと、クレモナの国際弦楽器製作学校を1987年に卒業した後、ジオ・バッタ・モラッシ氏が指導するCEE工房で8年間の修行に励みました。
この工房にいたバイオリン職人と仕事を共にしたことが、プロフェッショナルとしての経験と技を磨くことにつながりました。

またCEEでは、オールドクレモナスタイルを学び深化させ、自身のスタイルの発展にもつながりました。モデルに関して、ルイージ本人オリジナルの型を使ったバイオリンもありますが、1724年製のストラディヴァリをモデルにしたものもあり、ストラドからインスパイアされた楽器を多く手がけています。

バヴェーノのビエンナーレ(2年に一度開かれるコンクール)には1991年と1993年に連続して、1994年・1997年・2006年にはクレモナトリエンナーレに作品を出展するなど、意欲的な製作家です。
1995年に自身の工房をクレモナに構え、現在はフランチェスコ・ロボロッティ通りの工房でクレモナを代表する作家として活躍しています。

作品を見る

  • Anton Prell IIIa バイオリン SP Ver.
  • GEWA ANTIK I Special Ver バイオリン
  • ジオ・バッタ・モッラシ バイオリン

カテゴリーから探す

モバイルショップ

ヤマト運輸料金表
チェリスト「矢口 里菜子」オフィシャルブログ
全国アマチュアオーケストラ検索

カテゴリーから探す