Gio Batta Morassi / ジオ バッタ モラッシ

ジオ・バッタ・モラッシはウディネ県のチェダルキスで1934年7月2日に生まれる。
伝統的に木の伐採や木工業を営んでいた一家は1942年にヴァル・カナーレのカンポロッソに移り住む。

当時アリスティデ・カヴァッリのモンテヴェルディ製作所さえも軒をたたみ、クレモナの町にはハンガリー人ピーター・タターの工房以外には弦楽器製作所は一軒もなかった。
モラッシは1955年に弦楽器製作学校を卒業した後、教師であったタターのもとで仕事をする。後にタターがアメリカに移住して教壇をさり1958年後任の公募がでる。ピエトロ・ズガラボットが教鞭をとりモラッシが助手となる。
ズガラボットの登場よりも、ミラノの弦楽器製作者ジュゼッペ・オルナーティとフェルディナンド・ガリンベルティが60年代初旬に修復講座で教えるためにクレモナへ来たことがモラッシの経歴に大きな影響を与えることになる。
二人のマエストロの指導のもとアマーティやストラディヴァリの作品をもとに形成された作風に磨きをかる。彼はオルナーティやガリンベルティのモデルを多く受け継ぎ、またミラノ派の弦楽器の柔らかく丸みを帯びたラインを好み、後に自身の弟子達にもそれを伝承する。1958年から助手を務める彼は1971年弦楽器製作の主任教授となり、1983年まで教職を続ける。

イタリアバイオリン製作における最高権威。

1957年のアンコナ弦楽器コンテストにてバイオリン製作部門のゴールドメダル受賞以来、数多くのコンテストでゴールドメダルを受賞。
1972年にはポーランド・ポズナ国際コンテストで、弦楽器製作の最も重要な人物としてポーランド国立博物館特別賞を受賞。現在、製作の傍ら、ヨーロッパの主要なコンテストの審査員を務め、イタリアの代表として世界中で開催される会議や講演会に招聘されています。
現在は息子シメオネと甥のジョヴァンニ・バッティスタが工房を受け継ぐ。

彼の残している作品は、今後更に価値が上がると言われており、今でも高値で取引がされています。

作品を見る

  • キャンペーン
  • Mario Gadda バイオリン
  • ジオ・バッタ・モッラシ バイオリン

カテゴリーから探す

モバイルショップ

ヤマト運輸料金表
チェリスト「矢口 里菜子」オフィシャルブログ
全国アマチュアオーケストラ検索

カテゴリーから探す