マリオ・ガッダ / Mario Gadda

マリオ・ガッダ(1931-2008)は1931年、マントヴァ生まれのバイオリン製作家です。

ステファノ・スカランペラの系統を受け継いだモダンイタリーの巨匠である父Gaetano Gaddaに師事し、幼い頃から木工を始めます。
サンタントニオで工房を構え、彼の系統でもある良質なスカランペラモデルを生み出しました。

若い頃にガッダが使用したニスは、淡いゴールド−黄色がかったものとドラゴンレッドと呼ばれる赤いニスが特徴でした。
当時はコンクールに出品することはありませんでしたが、緻密な製作と弦楽器製作に精通した技術で次第に評価を上げていき、 マントヴァ系を代表する製作家となり、父と同じくモダンイタリーの巨匠と呼ばれ世界中で弾かれる楽器を製作するに至りました。
バイオリンのみならず、ビオラやチェロにも定評があります。

Ass'n National Liuteria Artistica Italiana(ANLAI)メンバー

作品を見る

  • キャンペーン
  • Mario Gadda バイオリン
  • ジオ・バッタ・モッラシ バイオリン

カテゴリーから探す

モバイルショップ

ヤマト運輸料金表
チェリスト「矢口 里菜子」オフィシャルブログ
全国アマチュアオーケストラ検索

カテゴリーから探す