Gliga Vasile チェロ [アントン・ニクレスク氏所有の逸品]

送料無料

1,080,000円(税込)

在庫状況 在庫残り 1 個

Gliga Vasile チェロ / グリガ

Gliga Vasile チェロ 特徴

巨匠アントン・ニクレスク(ミラノスカラ座 元第1ソロチェリスト)所有の逸品です。ニクレスク氏本人がグリガへ出向き、グリガが演奏家だけに製作をしているハイパフォーマンスチェロ6挺の中から選んだ選定品です。新作(2014)のため、少し音が固く感じるが、音質・音量もとてもよいです。材質も大変貴重なカーリーメイプルを使用しています。ぜひ、同価格帯のチェロをお探しの方は試奏をしてみてください。
※ カーリーメープル:波状に現れるその杢目はバーズアイメープルにも劣らない非常に珍しい杢目として珍重されます。その美しい杢目は数々の名器、名品を生み出しています。

アントン・ニクレスク

アントン・ニクレスクは音楽一家の一人息子として、ブカレストに生まれました。 ブカレスト放送交響楽団のチェロソリストだった父親から、幼少時よりチェロの手ほどきを受け、その後は、Radu AldulescuやAntonio Janigro、Daniil Safranらに師事しました。 12歳の時に自身初のコンサートに出演、14歳でソリストとしてオーケストラと共演を果たします。彼は数多くのコンクールにおいて賞や優秀な成績をおさめ、ミラノスカラ座の首席チェロソリストとして長年にわたり活躍を続けました。ヨーロッパ各国をはじめ、アジア、北南米のオーケストラとも積極的にソリスト共演をし、テレビ・ラジオの演奏録音も行なっています。またチューリッヒやウィーンで弦楽トリオを結成したり、アンサンブルグループを主催するなど、その活動の幅は多岐にわたります。 1996年より、ルーマニアのBrasov(ブラショヴ)フィルハーモニック・オーケストラのState Solistとなり、1997年からはイタリアのボローニャアカデミー(1666年創立)会員にも任命されました。 同時期にルーマニア国内に若者を対象とした基金を設立するなど、後身の育成にも尽力しています。彼の生徒たちも、ドイツをはじめ主要な国際コンクールに優勝するなど、輝かしい成績をおさめています。

■ Gliga Vasile 仕様

生産国ルーマニア・2014年
サイズ4/4
表板スプルース
裏板・側板カーリーメイプル
指板エボニー
テールピース4本アジャスター内蔵
備考製作証明書有り

レビューはありません。

カテゴリーから探す